NFT 暗号資産

コインチェックでイーサリアム(ETH)を買う方法


みなさんこんにちは、ヤマトラです🐯


この記事ではコインチェックでイーサリアムを買う方法を解説していきます!


なぜイーサリアム(ETH)なのか、、、それはズバリ、これから盛り上がるとされるであろうNFTを買うためです👏


NFT購入のためにも知っておきたいところですね!

本記事でわかること

・コインチェックに入金する方法

・コインチェックでイーサリアム(ETH)を購入する



コインチェックで口座開設をする👇

コインチェック



コインチェックに入金する手順


コインチェックの入金方法は3パターンあります!
ひとつずつ解説をしていきますね。


  • パターン1:銀行振込
  • パターン2:コンビニ入金
  • パターン3:クイック入金


パターン1:銀行振込


銀行振込の手順を解説します。


まずはコインチェックのアプリを起動してください。そして「ウォレット」をタップします。



次に「入出金」をタップします。



入金」をタップします。



入金画面に切り替わると、銀行の選択画面が表示されます。


振込口座は以下の2つです。

  • GMOあおぞらネット銀行
  • 住信SBIネット銀行


好きな方でを選択しましょう!どちらでも変わりはありません。



どちらかを選択すると、上記のように入金口座の情報が表示されます。あとはお使いの銀行口座から振込をすれば完了です🙆‍♂️


入金が完了すると登録しているメールアドレス宛にコインチェックからメールが届きます


パターン2:コンビニ入金


次はコンビニ入金の方法を解説していきます。


コインチェックのアプリを起動し、「ウォレット」をタップします。




入出金」をタップします。



入金」をタップします。


コンビニ入金」をタップします。



コンビニを選択します。選択できるのは以下の4つです。

  • ①ファミリーマート
  • ②ローソン
  • ③ミニストップ
  • ④セイコーマート


私の住んでいる近くにはファミリーマートがあるので、①のファミリーマートを選びました。



入金したい金額を入力します。



ここで注意が必要です!コンビニ入金の場合は、入金手数料が発生します。




入金手数料は以下の通りです。

入金金額手数料
3万円未満770円
3万円以上30万円以下1,018円



金額の入力ができたら「お支払い情報を発行」をタップします。


バーコードを表示」をタップします。



はい」をタップします。



バーコードが表示される画面に切り替わります。選択したコンビニの店頭でバーコードを読み取ってもらい、代金を支払えば完了です🙆‍♂️


パターン3:クイック入金


最後にクイック入金の方法を解説します。

コインチェックのアプリを起動し、「ウォレット」をタップします。



入出金」をタップします。


入金」をタップします。



クイック入金」をタップします。


入金したい金額を入力します。



ここで注意!クイック入金の場合は入金手数料が発生します


入金手数料は以下の通りです。

入金金額手数料
3万円未満770円
3万円〜50万円未満1,018円
50万円以上入金金額+0,11%+495円


金額の入力ができたら、「お支払い情報を発行」をタップします。



すると、出金制限に関する案内が表示されます。内容を確認して「お支払い情報を発行」をタップします。


番号・入金方法の確認」をタップします。



「収納機関番号」「お客様番号」「確認番号」が表示されます。あとは各金融機関のページー入金方法に従い、入金手続きをすれば完了🙆‍♂️

コインチェックでイーサリアム(ETH)を買う方法


さて、入金は完了しましたか?いよいよイーサリアム(ETH)を買いますよー!


イーサリアムの購入手順


早速ですが解説をしていきます。


まずはコインチェックのアプリを起動します。そして「イーサリアム」をタップします。



「購入」をタップします。



購入したい金額を入力してください。



入力が済んだら、「日本円でETHを購入」をタップし、最終の確認画面になるので「購入」をタップしてください。


イーサリアムの購入が完了しました」と表示が出たら完了です🙆‍♂️

お疲れ様でした!無事にイーサリアムを買うことができたでしょうか?
これでNFTデビューするための第一歩を踏み出すことができました!


当記事から読み、まだ口座開設をしていないという方はコチラを参考にしてください👇



口座開設は10分もあればできますよ!


コインチェックで口座開設をする👇

コインチェック







最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


またお会いしましょう🐯bye-bye!

-NFT, 暗号資産